BitMEX(ビットメックス)の損益計算ツールとは|3種類それぞれの実践的なやり方を紹介

ビットメックスの損益計算ツール
魔王
頭の中で色々計算するとこんがらがるよ〜…
すらいぬ
損益計算ツール使ってみたら???

BitMEXには最終的な利益や損失、ロスカットのラインなどをポジションを持つ前に想定する事ができる計算ツールが提供されています。

注文画面から簡単に確認できる計算ツールは、知っているか知っていないかでトレードの勝率に影響してくる重要な機能です。

本記事ではそんな損益計算ツールの使い方や実践的な利用用途などを詳しく説明します。

最大級の海外取引所!
BitMEX
公式サイト
6ヶ月間取引手数料が10.00%OFF

損益計算ツールの場所/出し方

BitMEXにはどの程度の仮想通貨をいくらで購入すればどれぐらいの利益が見込めます。という損益計算をしてくれる便利なツールがあります。

これを利用することで、注文後にどの程度利益が出ているか確認するのではなく、予め利益予測を立てた上でポジションを取ることが出来るようになります。

BitMEX(ビットメックス)の損益ツール

BitMEXの損益計算ツールは、発注画面の右上にある電卓のマークをクリックすると表示させることが出来ます。

3種類の損益計算ツール一覧

BitMEXで用意されている損益計算ツールは主に3種類で、「利益/損失」「目標価格」「清算価格」の計算を行うことが出来るようになっています。

損益計算ツール画面の上部に3つの設定が表示されているので、その中から好きな物を選ぶことが可能です。

3つの計算方法
  • 「利益/損失(Profit/Loss)」ツール
  • 「目標価格(Target Price)」ツール
  • 「清算価格(Liquidation Price」ツール

それぞれの解説と実際の使い方をみていきましょう。

1. 利益/損失(Profit/Loss)計算のやり方

BitMEX(ビットメックス)の利益/損失ツール画面

利益/損失計算は、サイド・数量・参入価格・出口価格・レバレッジの5つの項目を設定することで行うことができ、使用例としては、総合的なリスクと利益を推し量るために使用することが想定されます

利益/損失の計算手順
  1. サイド=ポジション選択
  2. 数量=購入したい数量をUSDで入力
  3. 参入価格=参入したいBTCの価格を入力
  4. 出口価格=損切り、利確したいポイントを入力
  5. レバレッジ=レバレッジの倍率を入力

まずサイドですが、これはロングかショートのどちらのポジションを選択するかを選ぶことが出来ます。価格の上昇を狙いたい場合はロングを、下落を狙いたい場合はショートを選びましょう。

次に数量ですが、これは注文したい数量をUSD価格で入力します。参入価格はポジションを持ちたい時のBTCの価格を入力し、出口価格は注文が通った際の価格を入力します。

最後にレバレッジですが、掛けたいレバレッジの倍率を入力します。

使用例:取引のリスク/リワードを考える

BitMEX(ビットメックス)のリスクリワード計算画面

例えばロングポジションでレバレッジを10倍、数量を1000USD、参入価格を5250USDに設定すると証拠金として0.0195XBTが必要で、出口価格を5300USDに設定すると、最終的に9.45%のROEになります。

 

厳密な話をします。ここでのROEは、

0.95%(5250USD→5300USDの変化率) × 10倍(レバレッジ) = 9.5%(ROE)

であるはずなのに、この計算ツールではROEが9.45%になっているのはなぜでしょうか。

ここで注意書きの「All currency units denominated in XBT(全てはXBT建てで計算される)」を思い出す必要があります。

BitMEXの利益/損益計算ツールには、「USDの変化率」ではなく「USDに応じたXBTの変化率」が用いられています。

2. 目標価格(Target Price)計算のやり方

BitMEX(ビットメックス)の目標価格ツール画面

目標価格は、サイド・レバレッジ・参入価格・ROE%を設定することで計算することができ、使用例としては指定した利益率を達成するための指標を計算するために使用されます

目標価格の計算手順
  1. サイド=ポジション選択
  2. レバレッジ=レバレッジの倍率を入力
  3. 参入価格=参入したいBTCの価格を入力
  4. ROE% = 目標利益率を入力

サイドは先ほども前述した通り、ロングとショートを選択します。次にレバレッジの項目欄にかけたいレバレッジ倍率を入力し、参入価格にはポジションを持ちたいBTCの価格を入力します。

最後にROE%ですが、ここには収益をあげたい%を入力します。

使用例:目標ROEから逆算する

BitMEX(ビットメックス)の目標ROE計算画面
ROEとは
資本利益率の意味で、Return On Equityの略。これは投資した資本(証拠金)に対してどれぐらいのリターンが返ってきたか、という指標。

目標価格の計算は目標利益率を入力するところから始めると良いでしょう。

例えば利益率を100%、つまり原資の2倍にしたい場合はROE%に100と入力し、参入価格とレバレッジを調整します。

仮に参入価格を5189.5USD、レバレッジを25倍にした場合XBTの価格が5405.5USDまで上昇すれば原資の2倍になります。

3. 清算価格(Liquidation Price)計算のやり方

BitMEX(ビットメックス)の精算価格ツール画面

清算価格計算は主にロスカットされるラインを計算するときに使用するツールで、サイド・証拠金・数量・参入価格・ウォレット or レバレッジの5つの項目を設定します

清算価格の計算手順
  1. サイド=ポジション選択
  2. 証拠金=「分離」と「クロス」の2つから選択
  3. 数量=購入したい数量をUSDで入力
  4. 参入価格=参入したいBTCの価格を入力
  5. レバレッジ or ウォレット=分離の場合はレバレッジを、クロスの場合はウォレットを入力

証拠金は「分離マージン」と「クロスマージン」の2つから選択することができ、「分離」は設定したレバレッジ倍率でポジションを保有するために使用する証拠金を指し、「クロス」は所有している仮想通貨の残高全てを証拠金に使用することを指しています。

分離を選択した場合はレバレッジ倍率を、クロスを選択した場合はウォレット残高を入力します。

使用例:ロスカットラインを設定する

BitMEX(ビットメックス)のロスカットライン計算画面

前述した通り、精算価格はロスカットのラインを確認するのに役立ちます。

例えば分離マージンで1000USD分をBTC価格5000USDで10倍のレバレッジをかけてロングポジションを持ったとします。その場合清算価格は4567USDとなり、この価格を下回ったらロスカットします。という指標が一目で分かります。

また、クロスの場合は自分が持っている残高を全て証拠金として預けるため分離マージンの時と同じ条件でも仮に1BTCを所有していれば清算価格は835USDとかなり低い数値になります。

ビットメックのロスカット

BitMEX(ビットメックス)の強制ロスカットルール|仕組みや計算・回避方法を解説

4月 1, 2019

【さいごに】BitMEX(ビットメックス)の損益計算まとめ

まとめ
  • 損益計算ツールは3種類あり幅広いシミュレーションができる
  • 「利益/損失」ツールは取引のリスクリワードを確認できる
  • 「目標価格」ツールは目標利益までの道筋を確認できる
  • 「清算価格」ツールはロスカット(損切り)ラインを確認できる

BitMEXの損益計算ツールを実際にポジションを持つ前に確認しておけば、想定できる利益や損切りポイントが明確に分かってきます。

特にロスカットのタイミングを具体的に把握しておらず、ポジションを持った後に理解していては後の祭りになってしまう可能性があります。

BitMEXでは親切にも様々なパターンを想定した計算ツールが提供されているので、自分の資産を守り利益を最大化するためにも確認しておきましょう。

最大級の海外取引所!
BitMEX
公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です