BitMEX(ビットメックス)の一目均衡表(Ichimoku Clouds)と雲|パターン5選と設定方法を紹介

ビットメックスの一目均衡表
魔王
日本発のテクニカルツールないかな…
すらいぬ
世界中で使われてる「一目均衡表」はビットメックスでも設定できるよ!

BitMEXでビットコインFXを始め、取引に熱中する方も多いのではないでしょうか。

取引の仕組みに慣れてきたら、次はテクニカル分析を用いてより利益を出しやすい取引を模索するようにしましょう。

今回は数あるテクニカル分析の中から「一目均衡表(Ichimoku)」を紹介するので、複雑に見えるかもしれませんが、考え方から理解していきましょう。

最大級の海外取引所!
BitMEX
公式サイト
6ヶ月間取引手数料が10.00%OFF

一目均衡表(一目雲, Ichimoku)とは

BitMEX(ビットメックス)の一目均衡表

一目均衡表は新聞社の商況部長を務めていた細田悟一が1936年に発表したテクニカル分析の手法です。

「一目山人」というペンネームで発表したために一目均衡表と呼ばれ、純国産のテクニカル分析でありながらも、世界でも「Ichimoku」として利用されています。

一目均衡表では相場は「売り手と買い手の均衡が崩れた方向へと動く」ものだと考えられています。

そして動く方向性が確立されたとき、相場の流れは一目瞭然に分かるとされ、一目均衡表では時間軸に着目して相場を予測しようとしています

 

一目均衡表ではローソク足チャートと以下の5本の線をチャート上に映します。

  • 基準線
  • 転換線
  • 先行スパン1
  • 先行スパン2
  • 遅行スパン

基準線は過去26日間の最高値と最安値の中心値を結んだもので、中期的な相場の方向性を示すものです。

上向きでは相場全体が上昇傾向、下向きでは相場全体が下降傾向にあると考えられます。

そして転換線は過去9日間の最高値と最安値の中心値を結んだもので、基準線よりも短期的な相場の方向性を示しています。

 

先行スパン1は基準線と転換線の中心値を26日先に先行させて表示したものです。

一方の先行スパン2は過去52日分の最高値と最安値の中心値を26日先に先行させたものです。

またこの2つの先行スパンに囲まれた領域を「雲」と呼びます

 

最後に遅行スパンは当日の終値を26日前にさかのぼって記入したものです。

一目均衡表ではローソク足と5つの線と「雲」を使って価格を予測します。

線も多く、何日前というのが複雑に見えますが、すべての線の意味を覚える必要ないので、それぞれの位置関係から導かれる売買サインを見逃さないようにしましょう。

BitMEX(ビットメックス)での一目均衡表設定方法

BitMEXではTradingViewというチャートを採用しており、数多くのテクニカル分析ツールを無料で使用できます。

BitMEXで一目均衡表を設定するにはまずログインし、チャートの右上の矢印をクリックして拡大させます。

BitMEXビットメックス)のチャート拡大画面

そしてグラフのマークを選択することでインジケーター(テクニカル分析ツール)を表示できます。

BitMEXビットメックス)のインジゲーター選択画面

一目均衡表を設定するにはインジケーターの一覧から「一目雲」を選んでください。

インジケーターは設定を変更することもできますが、一目雲はデフォルトの設定で運用することをおすすめします。

線の色や太さなどは必要に応じて見やすいように変えてください。

一目均衡表を使いこなすコツ

一目均衡表は複数の線や雲を組み合わせることで売買サインを見極めることが可能となります。

パターンを覚えることで、一目均衡表を使いこなすことができます。

戦略①:転換線と基準線の位置関係

一目均衡表では転換線が基準線の上にあるか下にあるかでトレンドの傾向を把握します。

転換線が下にあるときは市場が強気な証で、上昇トレンドを示します。

転換線が上にあるときは市場が弱気な証で、下降トレンドを示します。

トレンド相場で推移していても時折予期せぬ値動きはあるものです。

そういったときに一目均衡表を見ることで、値動きが一時的なものかどうかを見分けることができます。

 

またテクニカル分析の手法には「移動平均線」というものがあります。

一目均衡表の基準線は長期の移動平均線、転換線は短期の移動平均線に相当します。

短期の移動平均線が長期のものを下から上へ突き抜けることを「ゴールデンクロス」という買いのサインです。

同様に一目均衡表でも転換線が基準線を下から上へ突き抜けると好転だと言われています。

一目均衡表では買いのサインを「好転」、売りのサインを「逆転」と呼びます。

反対に転換線が基準線を上から下へ突き抜けると逆転だと言われています。

移動平均線ではデッドラインと呼ばれています。

戦略②:雲とローソク足の位置関係

先行スパン1と先行スパン2の2つの線に囲まれた「雲」は「抵抗帯雲」とも言い、相場の上値抵抗線や下値支持線に相当します。

上値抵抗線・下値支持線とは

上値抵抗線は相場が上昇するときにどこまで上がるかの目安となる線で、レジスタンスラインとも呼ばれます。下値支持線は相場が下降するときにどこまで下がるかの目安となる線で、サポートラインとも呼ばれます。

この「雲」とローソク足の位置関係を見ることで相場が強気かどうかが分かります。

ローソク足が雲の上で推移していれば相場は強気で、好転となっています。

反対に雲の下で推移していると相場は弱気であり、逆転となっています。

ローソク足が雲の中にあるときは相場の方向性が定まっていない状態です。

雲を出るタイミングを図ってもいいかもしれません。

戦略③:遅行スパンとローソク足の位置関係

一目均衡表を考えた細田悟一は、一目均衡表の中で遅行スパンが最も大切な線だと言っています。

遅行スパンがロウソク足を上回ると相場が上昇転換を示し、下回ると下降転換を示します

遅行スパンは相場の転換点を示すために、最も大切だと言われているのです。

戦略④:三役好転・三役逆転

一目均衡表の位置関係と売買のサインの関係をまとめたものが以下の表となります。

好転逆転
転換線と基準線転換線が基準線を上回る転換線が基準線を下回る
雲とローソク足ローソク足が雲の上を推移するローソク足が雲の下を推移する
遅行スパンとローソク足遅行スパンがローソク足を上回る遅行スパンがローソク足を下回る

この表にある内、3つの好転が重なった状態を「三役好転」と呼び、より強い買いのサインを示します。

反対に3つの逆転が重なった状態を「三役逆転」と呼び、より強い売りのサインを示します。

ただ実際に3つが重なることは珍しいので、2点満たした段階で相場の転換点だと判断したほうがいいでしょう。

また3つ重なっていても、遅行スパンが雲の中にあった場合はダマシが多くなるので注意してください。

戦略⑤:雲の厚み

一目均衡表を見るときには、雲の厚みにも注意してください。

雲の厚さは抵抗の強さを反映しています。

例えば価格が下降しても分厚い雲が下にあれば反発して再び価格が上昇することが予想できます。

逆に雲が薄ければ、突破して推移する可能性もあります。

もし分厚い雲を突破するほどの推移であれば、絶好のポイントとなるので注視しておく必要があるでしょう。

一目均衡表の注意点

一目均衡表は複数の位置関係を参考にすることで、サインを逃さないようにすることができます。

ただし一目均衡表も絶対の手法ではありません。

位置関係を見るうえで注意点を抑えておかないと思わぬ損益を負うこともあるので、一目均衡表の注意点を抑えておきましょう。

「雲のねじれ」に注意

一目均衡表の雲のねじれ

一目均衡表には「雲のねじれ」と呼ばれる現象があります。

これは雲を構成する上の線と下の線が入れ替わるときに発生します。

「雲のねじれ」が起きるとき、雲の幅が小さくなり、雲の位置が変化すると共に予期しない急な値動きが起こることがあります

価格の変動が不規則になるうえ、雲の幅が小さくなるために急なトレンドが形成されることもあります。

そのため「雲のねじれ」が起きているときの取引は控えたほうがいいでしょう。

また「雲のねじれ」とローソク足が遠く離れているときは価格の大きな変動が起こるリスクが小さくなります。

レンジ相場ではだましに注意

一目均衡表はトレンド相場で大きな効果を出すテクニカル分析です。

価格の細かく推移するレンジ相場ではサインとなる上抜け、下抜け、雲の線の入れ替わりを判断しづらくなってしまいます。

値動きがないレンジ相場で、うかつに判断して取引をするとだましに引っかかってしまうかもしれません。

サインが不鮮明なときには取引を控えることも考えた方がいいでしょう。

【さいごに】BitMEX(ビットメックス)の一目均衡表(Ichimoku)まとめ

今回はBitMEXで利用できるテクニカル分析の手法のうち、一目均衡表について紹介しました。

まとめ
  • 一目均衡表はローソク足と5つの線と「雲」を使い、時間軸に注目して価格を予測するテクニカル分析である。
  • 一目均衡表では複数の線や「雲」の位置関係から売買のサインを見つける。
  • 一目均衡表は「雲のねじれ」やレンジ相場ではリスクが大きくなるので、取引を控えることも考えたほうがよい。

一目均衡表は日本で生まれ、世界で愛されるテクニカル分析です。

このインジケーターは特に複雑で奥深いものですが、単独の使用では価格の予測にも限界が訪れます。

一目均衡表に慣れたら次は複数のテクニカル分析を導入して、より精度の高い予測ができるように模索するといいでしょう。

最大級の海外取引所!
BitMEX
公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です