BitMEX(ビットメックス)の強制ロスカットルール|仕組みや計算・回避方法を解説

ビットメックのロスカット
魔王
仮想通貨FXって怖くてなかなか勇気でないや
すらいぬ
そんなことないよ!BitMEXの仕組みを知れば安心して投資ができるようになるよ!

まずロスカットという仕組みを説明していきます。ロスカットとは一定の損失が発生した際に、さらなる損失の拡大を未然に防ぐために、強制的に取引を終了させるルールです。

つまり、このルールが適用された際には、決済により損失は確定しますが、最低限の資金は保つことが可能になります。

最大級の海外取引所!
BitMEX
公式サイト
6ヶ月間取引手数料が10.00%OFF

BitMEX(ビットメックス)の強制ロスカットの仕組み

BitMEX(ビットメックス)には他の取引所と同じく、強制ロスカットシステムがあります。

ただ取引所によってルールが微妙に違うので、しっかりとおさえておきましょう。

追証なしでゼロカットを採用

BitMEX(ビットメックス)には追証制度がなく、ゼロカットシステムが採用しています。

ゼロカットとは

証拠金が0円になった時点で強制的にロスカット(ポジションの清算)が行われる。証拠金がマイナス(=追証)という状況が生まれない。

基本的にFXや仮想通貨FXなどは証拠金にレバレッジを効かせてトレードをすることが可能です。

ポジション(ある通貨を購入して持っている状態)が自分の予想とは逆の方向に動き、証拠金が不足した際にロスカットというルールが執行され、自動的に清算されます。

しかし、価格が急暴落してしまった場合には、そのロスカットが間に合わずに、取引所の決済システムが追いつかず、証拠金よりも大きな損失がでてしまうことがあります。

その時に追加で証拠金の支払い義務が生じることを追証といいます。

BitMEX(ビットメックス)にはこの追証制度がないため、どれだけ含み損がマイナスになったとしても、追加の証拠金としてお金を請求されることはありません。

ビットメックスの追証なし

BitMEX(ビットメックス)の追証なしの仕組み|ゼロカットシステムで自己資金以上の損失はなくなる!?

4月 26, 2019

証拠金維持率の計算方法

BitMEX(ビットメックス)では追証なし、ゼロカットシステムが採用されているため、レバレッジを大きくしても安全なイメージがあります。

しかし、ロスカットのタイミングをしっかり把握しておかなければ、入金した自分のコインがいつの間にか全て消えている可能性もあるのです。

では、ロスカットのタイミングとは具体的にいつなのでしょうか?

答えは証拠金維持率をみることにあります。

証拠金維持率とは

持っているポジションに対する必要証拠金の割合。

ビットメックスでは数量に必要な証拠金とロスカットのタイミングを決定するロスカット率が以下のように変化します。

ポジション量証拠金維持率ロスカット率
200BTC以下1%(100倍)0.5%(50%)
300BTC以下1.5%(75倍)1%(66%)
400BTC以下2%(50倍)1.5%(75%)
以後100BTCごと+0.5%+0.5%

このように、レバレッジを大きく掛ければ掛けるほど、ロスカット率は高くなります。

この表に従うと、1BTCを証拠金として100倍のレバレッジをかけ100BTCの取引を行った際、ロスカットは0.5%です。

つまり、証拠金維持率が50%(1BTCが0.5BTCになる)を切るとロスカットが適用されます。

BitMEX(ビットメックス)で簡単なロスカットラインを設定する方法

トレードにおいて最も重要な要素は損をいかに少なくするかということです。

そこで必要となるのが損切りという決断です。

しかしながら、自分で事前に損切りラインを決めていても、いざその時が訪れても一縷の望みを捨てることが出来ない人も多いのではないでしょうか。

1.「ストップ成行(Stop Market)」を選択

BitMEX(ビットメックス)のストップ成行注文

ストップ成行(Stop Market)を選択することで、強制的に損切りをしてくれます。

良いか悪いかは別として、自分の計画通りにトレードをすることができます。

損を少なくするために、注文したものが約定したら、必ず同時にストップ成行注文も設定しましょう。

2. 数量・ストップ価格を入力

ストップ成行注文はとても簡単です。

ストップ成行注文方法
  1. 注文数量を入力
  2. ストップ価格を入力

このとき、トリガに関する注意点がポップアップされますが、それを確認して注文しましょう。

ビットメックスの注文/決済方法

BitMEX(ビットメックス)の7種類の注文/決済方法一覧|6種類のオプションや注文キャンセル方法も!

3月 31, 2019

BitMEX(ビットメックス)で強制ロスカットされないためには

BitMEX(ビットメックス)では追証なしでゼロカットを採用しているので、証拠金以上に請求される心配はありません。

しかしながら、ロスカットとは全てのポジションが強制的に決済され、口座残高がゼロになることです。

これはなんとしても避けなければなりません。

ですので、ロスカットを避けるための方法を紹介してきたいと思います。

証拠金を追加で入金する

この方法はロスカットを回避するのに最も効果的です。

これはあらかじめ証拠金を増やすことによって、含み損が増えても強制ロスカットが入らないようにします。

追加入金によりロスカットの確定損失を回避し、なおかつ損失の危機を脱却する可能性も維持できます。

ポジションを損切りする

損切りとは

損切りとは、強制ロスカットが入る前に決済してしまうこと。これにより、ロスカットにより発生する損失よりも小さい損失で手仕舞うことができる。

注意点として、ロスカットになる値よりも高い(低い)位置に決済注文を入れないと即時決済されてしまいます。

上記で説明したようにストップ成行(Stop Market)をあらかじめ選択することがおすすめです。

損益計算ツールを使う

BitMEX(ビットメックス)には独自の損益計算ツールがあります。

このツールを使用すると、ロスカットの入るタイミング、利益確定のタイミング等を事前に把握することができます。

BitMEX(ビットメックス)の損益ツール

上記のポイントから開くことができます。

この損益計算ツールでは

  • 利益/損失
  • 目標価格
  • 精算価格(ロスカットライン)

と、3つの計算をすることができます。

 

まずは利益/損失ツールをみていきましょう。

BitMEX(ビットメックス)の利益/損失ツール
利益/損失ツール
  • サイド:ロング(安く買い高く売る)かショート(高く売り安く買う)を選択。
  • 数量:$単位の注文したい数量を入力。
  • 参入価格: 買いたいor売りたいXBT価格を入力。
  • 出口価格: 損切り計算をしたい時は損切りポイント、利益確定したい時は利確ポイントを入力。
  • レバレッジ: かけたいレバレッジを入力。

レバレッジ100倍、100$のロングポジションをBTC価格4000$の時に買い、4500$まで上昇したら売るという注文の場合、上図のようになります。

その時、証拠金は0.0002XBT以上必要で、利益が0.0027XBT、証拠金に対して1111.20%増加ということを表しています。

 

次に目標価格の使い方を見てみましょう。

BitMEX(ビットメックス)の目標価格ツール

「ROE%」は目標の利益率です。

「目標価格」は指定したROE%(目標の利益率)を得るためのBTCの必要価格です。

「利益/損失%」はBTC現物価格の変動率を表します。

つまり、この計算ツールでは原資が目標の利益率になるためのBTCの必要価格、値幅を知ることかできます。

この上図では、81$の値幅をとれば原資が2倍になることを示しています。

 

最後は精算価格です。

BitMEX(ビットメックス)の清算価格ツール

精算価格はロスカットのラインを示しています。

精算価格
  • 証拠金:分離マージンまたはクロスマージンを選択
  • レバレッジ(分離)/ウォレット(クロス)
  • 分離マージンを選択の場合はレバレッジを入力
  • クロスマージンを選択の場合はウォレット残高を入力

まず初めにクロスマージンの場合の具体例を説明します。

参入価格5000$、ウォレット残高が0.01BTC、100$のロングポジションの場合、精算価格3903$となっています。

この精算価格がロスカットラインで、ロスカットされると証拠金が0になってしまいます。

次に分離マージンの場合を説明します。

BitMEX(ビットメックス)のロスカット設定

こちらの写真のような設定の場合、精算価格(ロスカットライン)は3653$となっています。

分離マージンの場合、ロスカットで証拠金が0になることはありません。

自分の設定したレバレッジで保有ポジションの証拠金のみがなくなります。

手堅く、リスクをより少なくしたいなら分離マージンに設定することがおすすめです。

レバレッジをおさえる

BitMEX(ビットメックス)では最大100倍のレバレッジ、そして追証なしのためレバレッジを高くしても安心感があります。

しかし、証拠金維持率の際にもお話しましたが、レバレッジは掛ければ掛けるほどロスカット率が高くなります。

そのため、ロスカットを避けるためには適度なレバレッジを掛けることが必要です。

通常、レバレッジは後から変更することはできません。

しかし、BitMEX(ビットメックス)ではポジションを保有している状態でも証拠金の項目をクリックすると後からでも変更可能となっています。

つまり、ロスカットになりそうな時はレバレッジを変更してみるのも一つの手段として覚えておきましょう。

【さいごに】BitMEX(ビットメックス)のロスカットまとめ

魔王
ロスカットされないための対策は必要だね!
すらいぬ
ポジション強制決済は怖いけど、ルールだから覚えておこう!

BitMEX(ビットメックス)では追証なしでゼロカットシステムを採用しているので、証拠金をさらに請求されることはありません。

そのため、証拠金以上の損失を考えることなく安心してトレードできます。

BitMEX(ビットメックス)のロスカットを詳しく理解し、ロスカットを華麗に回避していきましょう。

最大級の海外取引所!
BitMEX
公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です