BitMEX(ビットメックス)のオーダーブック(注文板)の見方|カスタマイズ方法も解説

ビットメックスのオーダーブック
魔王
いまでてる注文が一覧で表示されるのが、オーダーブック?
すらいぬ
そうだよ!上手にカスタマイズしてトレードに役立てよー!

取引所で売買の注文を出すと、オーダーブックと呼ばれる板にトレーダーの注文が一覧で表示されます。

本記事ではそんな注文板について説明を交えながら、BitMEXのオーダーブックの特徴やカスタマイズ方法、疑問について紹介していきます。

最大級の海外取引所!
BitMEX
公式サイト
6ヶ月間取引手数料が10.00%OFF

オーダーブック(注文板)とは

オーダーブックとは

オーダーブックとは購入や売却の注文表のことで、現在自分や他の人が注文している量や金額を確認する事ができます。

オーダーブックは自分が注文を出す際の参考にもなるため、どのような事が表示されているの理解しておく事が必要です。

BitMEX(ビットメックス)のオーダーブックの見方

BitMEX(ビットメックス)のオーダーブック画面

BitMEXのオーダーブックは緑色で表示されているのが買い注文、赤色で表示されているのが売り注文で、それぞれ価格・サイズ・合計の順に項目が表示されています

またBitMEXの価格表示はUSD建てになっています。

〇価格
価格は注文価格を表しており、その価格で注文を出した人がいることを表しています。

〇サイズ
サイズはその価格で注文されている合計値のことで、例えばBTC価格6500USDで5BTCと10BTCの注文を入れている人がそれぞれいたとします。その場合サイズ欄には15BTCと表示されます。

〇合計値
合計値はサイズの合計値で、現在価格から近いサイズから順に合計されます。例えば6500USDの買い注文が100BTC、6550の買い注文が500BTCあった場合に合計値には600BTCと表示されます。

どちらも現在価格から近い価格で順々に表示されており、注文量に応じでどの程度の注文が入っているのか視覚的に分かるようになっています。

オプションカスタマイズ方法

BitMEXでは、このオーダーブックをより見やすくするためにカスタマイズをする事が可能です。

カスタマイズを行うにはオーダーブックの右上にある歯車のマークをクリックする事で設定する事が可能で、「グループ化」「コラム」「清算に関するアラート」の3つを編集することができます。

BitMEX(ビットメックス)のオーダーブックカスタマイズ画面

ここではそれぞれについて説明していきますが、おすすめはデフォルトのままです。

シンプルにオーダーブックを下へ引きのばすだけでも、注文板として十分使うことができます。

オブション一覧
  • グループ化:表示価格の幅を設定
  • コラム:表示画面を縦列か横列に設定
  • 清算に関するアラート:ロスカットで注文が載った時に通知

〇グループ化

グループ化はオーダーブック上に表示される価格の幅を設定する事ができます。初期設定では0.5USDの幅で表示されていますが、これを1.0、2.5、5、10、25、50、100の幅で設定する事ができるようになります。

 

〇コラム

コラムは、オーダーブックをシングルとデュアルの2つの方法で表示させる事ができる方法です。

シングルの場合は上段に売り注文、下段に買い注文と横列で表示するような設定です。デュアルは買い注文を左に、売り注文を右に表示する事で縦列で表示します。

デュアルに設定すると、より多くの情報をピラミッド型で把握する事ができるため、買い注文と売り注文のバランスや注文が多い価格帯を一目で分かるようになります。

 

〇清算に関するアラート

清算アラートは、レバレッジ取引を行なった際などに証拠金維持率を下回った場合のロスカットが発生しオーダーブックに注文が載った際に通知を行なってくれる機能です。

ビットメックスの取引画面

BitMEX(ビットメックス)の取引画面一覧|最適カスタマイズ方法を紹介

5月 5, 2019

【Q&A】BitMEX(ビットメックス)のオーダーブックの特徴

ではBitMEXのオーダーブックは他の取引所と比べてどのような特徴があるのでしょうか?特に多い疑問点について3つまとめてみました。

警戒すべき「だまし」とは?

騙しとは、資本家がオーダーブック上に巨大な注文を入れる事でまるで板が厚くなったように錯覚させる事で、その値に近づいたと思ったら急にその注文が無くなってしまうことを言います

例えば現在価格6500USDの際に6300USD辺りで大きな買い注文が入って入れば、どんなに寝下がっても一旦6300USD辺りで止まるから強気に注文を出すと、寝下がって6300付近になった際に急に巨大な注文がキャンセルされ、その勢いで大きく価格が下落してしまうような状態です。

注文板は他の取引所と比べて厚い?

BitMEXの取引量は、2019年4月12日時点で2700億円を超えており、他の日本の取引所と比較しても大きな差があります。

その理由として、100倍のレバレッジ取引や不正な価格操作に対抗するためのマーク価格などユーザーに面白みを与えつつもセキュリティーの観点で対策を打っているところが評価され、常に高い利用者を抱えているからではないかと想像できます。

流通量比較
(2019年4月12日時点)
BitMEXbitFlyer
24時間の流通量277,235,174,418円4,018,528,596円

一時日本ではレバレッジ取引を行う場合bitFlyerやbitbankといった取引所を利用していた人が多かったようですが、多くの人がBitMEXに流れてきて現状レバレッジ取引における覇権はBitMEXの一強状態のようです。(参考:Coinmarketcap公式サイト)

サイズ(size)の赤文字は?

オーダーブック上のサイズ欄がたまに赤文字で表示される事がありますが、それは巨大な注文が入った場合に表示されます。

巨大な注文が入ると、買い・売りの圧力が強い事が分かり投資するための判断材料になります。

しかし、先程も説明したように巨大な注文は「だまし」である可能性があるので、サイズが赤文字で表示された場合は注意が必要です。

【さいごに】BitMEX(ビットメックス)のオーダーブックまとめ

まとめ
  • BitMEXの板は他の取引所よりも厚いので、注文が約定しやすい。
  • オーダーブックは右上ボタンから自分好みにカスタマイズ可能。
  • 板が厚くなったと錯覚させられる「騙し」には注意。

オーダーブックには様々な情報が含まれており、調べていくと多様な発見ができるかと思います。

BitMEXで今後取引をする方はオーダーブックの数字をぜひ参考にしてみてください。

最大級の海外取引所!
BitMEX
公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です