無料多機能チャートツールのTradingView|有料版のメリットや料金を解説

TradingView
魔王
TradingViewは有料版もあるんだって?気になるなぁ…
すらいぬ
無料でも使えるけど、あえてアップグレードするメリットとかも解説するね!

BitMEX(ビットメックス)は簡単に取引を開始でき初心者におすすめの仮想通貨取引所ですが、取引オプションなども充実しており、ビットコインFXに慣れた人でも満足できるようになっています。

今回はBitMEXが提携しているTradingViewという無料チャート分析ツールを紹介します。

有料にもできるほか、チャートツールを使いこなせば取引の幅はグンと広がるので、ぜひメリットや使い方を覚えましょう。

最大級の海外取引所!
BitMEX
公式サイト
6ヶ月間取引手数料が10.00%OFF

TradingViewの特徴

TradingViewの取引画面

TradingViewは海外の同名のベンチャー企業が開発した、クラウドのチャート分析ツールです。

ビットコインFXだけでなく株や先物、他の仮想通貨などのチャートの分析もできます。

BitMEXと提携しているため、BitMEXに登録するだけでTradingViewを使えますが、TradingView本体も無料でアカウントを作成してサービスを利用できます

チャート分析が主な機能ですが、アカウント同士でコミュニティを作る機能など多彩な機能があるのが特徴的です。

分析ツールはMetaTraderやCoinigyも有名ですが、TradingViewにはほかにも優れた特徴があります。

豊富なインジゲーター

TradingViewには無料で使えるインジケーター(テクニカル分析ツール)が豊富に用意されています。

移動平均線やフィボナッチなどのトレンド系からオシレーター系までその種類も多く、希望通りのものを使えます。

オシレーター系とは

オシレーター(Oscillator)は「振り子」という意味。オシレーター系指標は相場の変化の大きさを分析して「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」などを示す分析手法。代表的な指標としては「ボリンジャーバンド」「ストキャスティクス」などがある。

またTradingViewにはTwitterなどに自分のチャートを共有できる機能が用意されているため、世界の投資家がどのようなインジケーターを活用しているのかを参考にすることができます。

分析に自信が出てきたら自分のチャートを公開してアドバイスをもらうこともできるでしょう。

シンプルなチャートで分析

TradingViewは豊富なインジケーターを使ってチャートを分析できますが、元となるチャートもシンプルで見やすいです。

インジケーターを表示し過ぎてしまったときも、手軽な操作で消すことができます。

同じ通貨ペアであってもチャートが取引所別に準備されているなど、種類が豊富な点も特徴的です。

スマホアプリでサクサク閲覧

TradingViewはクラウドで稼働するツールのため、ブラウザさえあればどんな端末でも使うことができます。

ですがブラウザからの操作ではスマホやタブレットでは画面が小さく、使いにくくなってしまいます。

TradingViewはスマホアプリも提供しており、パソコンと変わらない操作性でチャートをサクサク閲覧できます。

iOS版、Android版共にリリースされており、出先でもチャート分析が可能となっています。

TradingView

TradingView

TradingView無料posted withアプリーチ

有料版のTradingViewを使うメリット

TradingViewは無料でアカウントを登録し、チャートの分析をすることができます。

ですがTradingViewには有料プランも用意されており、より充実した機能を使えるようになります。

本格的にチャートの分析を勉強することを考える人は、有料版も検討したほうがいいでしょう。

TradingViewの有料プラン(Prices)一覧

TradingViewの有料プランは以下の3種類となっています。

  1. PRO(月額14.95ドル)
  2. PRO+(月額29.95ドル)
  3. PREMIUM(月額59.95ドル)

1ドル=110円とするとPROはおよそ月額1600円、PRO+では3300円、PREMIUMでは6600円になります。

無料プランでは時折広告が表示されますが、有料プランに切り替えることで広告が消え、取引に集中できます。

月額料金の高いほうがサービスが充実しており、より自由にTradingViewを使うことができます。

また1年か2年単位で契約することで月額料金がそれぞれ17%、33%オフとなります。

TradingViewの有料プランの料金表が以下の通りとなります。

月次1年契約2年契約
PRO月額14.95ドル
(約1600円)
月額12.95ドル
(約1400円)
月額9.95ドル
(約1100円)
PRO+月額29.95ドル
(約3300円)
月額24.95ドル
(約2700円)
月額19.95ドル
(約2200円)
PREMIUM月額59.95ドル
(約6600円)
月額49.95ドル
(約5500円)
月額39.95ドル
(約4400円)

いずれのプランも30日間無料で試すことができ、途中で解約しても料金は一切発生しません

無料お試し期間中に有料へ切り替えると料金が40%から50%オフになるサービスをすることもあります。

有料プランの支払いには、以下の3種類の決済手段を利用することができます。

  • PayPal
  • すべてのクレジットカード
  • ビットコイン

このうちビットコインは1年、2年契約のときに、Coinbase経由でしか支払うことはできません。

実質的にはPayPal経由でクレジットカードを使うか、直接クレジットカードを使うかになるでしょう。

メリット①:表示可能インジゲーター数が増える

テクニカル分析ツールは複数種類を組み合わせることで、相場の予測精度を向上させることができます。

TradingViewの無料アカウントでは、チャート上にインジケーターを3つまでしか表示することができません。

使い始めたころはいいですが、指標の勉強を始めれば3つではすぐに足りなくなってしまいます。

有料プランでは表示可能インジケーターの数をそれぞれ、

無料3
PRO5
PRO+10
PREMIUM25

にまで増やすことができます。

インジケーターに別のインジケーターをインプットする機能もPRO+なら9つ、PREMIUMでは25も設定可能です。

また無料プランではよく使うインジケーターを「テンプレート」としてひとつ保存することができます。

有料プランではいくつでも保存ができるようになり、目的別に色々なパターンを使うことが可能となります。

メリット②:同時表示チャート数が増える

TradingViewは仮想通貨だけでなく、株や他の先物などいくつものチャートを表示する機能があります。

ビットコインFXでもBitMEXのほかにも取引所ごとにチャートが用意されています。

無料プランでは画面にひとつしかチャートを表示することができませんが、有料プランでは、

無料1
PRO2
PRO+4
PREMIUM8

まで同時にチャートを表示することができるようになります。

同じ銘柄でも異なる市場を同時に見ることで、より多くの情報を得ることができます。

有料プランではチャートの更新も無料プランより早く、過去データも無料プランよりも2倍多く見ることができます。

有料プランにすることで、より豊富な情報量から相場の予測をできるようになるのです。

メリット③:アクセス可能ディバイスが増える

TradingViewはクラウドで稼働するツールですが、無料プランでは同時に別のディバイスでしかアクセスができません。

PRO+で2つ、PREMIUMで5つにまで同時アクセスのできるディバイス数を増やすことができます。

自宅ではPC、出先ではスマホでTradingViewを操作したい人無料登録などは、PRO+以上にすることで不自由なくTradingViewを運用できるようになります。

Coinigyとの比較

Coinigyの取引画面

仮想通貨の取引を管理するためのクラウドツールとしてはCoinigy(コイニジー)も有名です。

ですがTradingViewとCoinigyは役割がまったく異なります。

 

TradingViewがCoinigyに対して持つ強みは以下の通りです。

TradingViewの強み
  1. インジケーターや描画ツール、複数チャートを使った自由度の高いチャート作成
  2. ニュース速報を受け取ることができる
  3. 仮想通貨だけでなく、株や他のFXにも対応している

 

一方CoinigyがTradingViewに対して持つ強みは以下の通りです。

Coinigyの強み
  1. 世界中の仮想通貨取引所の取引を一括管理して、利益を挙げやすくしている
  2. 顧客のサポートが手厚く、ソーシャルメディアを通じて盛んに情報発信を行っている
  3. 40以上の仮想通貨取引所に対応するなど、仮想通貨取引に特化している

TradingViewはインジケーターや最新のニュースを使って価格の推移を予測することに特化したツールです。

ソーシャルメディアを使ってユーザーのチャートを共有することもできます。

Coinigyは煩雑になりがちな仮想通貨の取引を一本化するためのツールです。

マイナーなアルトコインなどを取引する人は、どうしても利用する取引所の数が増えてしまいます。

そこでCoinigyを使うことでひとつのサービスで複数の取引所の価格の確認から取引までを完結させることができます。

またCoinigyにはアービトラージに特化した機能もあり、TradingViewよりも直接利益を挙げやすくなっています。

TradingViewとCoinigyは特化した分野が異なるため、自分の環境と照らしてどちらがいいかを考えてください

BitMEX(ビットメックス)でTradingViewのチャートを使う方法

これから実際にBitMEXからTradingViewを使う方法を紹介していきます。

BitMEXを開くと、デフォルトサイズのTradingViewが表示されています。

そこでチャート画面右上の矢印マークをクリックすることで、全画面表示にすることができます。

BitMEXビットメックス)のチャート拡大画面

またチャート上部の「Open in the Window」から別のタブでTradingViewを全画面表示にできます。

BitMEXで取引をするときにはBitMEXの中でTradingViewを操作してください。

ただTradingViewの操作に集中したいときや全機能を使いたいときは別タブでの操作がおすすめです

TradingView(本体)の登録方法

TradingView本体へ無料登録するには、まずTradingViewの公式サイトへアクセスします。

TradingViewの登録画面

そして画面右上の「無料登録」から登録画面(サインアップ)へ移動して以下の項目を入力します。

  • ユーザー名
  • メールアドレス
  • パスワード

メールアドレスはGmailなどのフリーメールのアドレスで大丈夫です。

ユーザー名はあとから変更できますが、アカウント作成後30日までしか変えられない点は気をつけてください

項目を入力したら利用規約、プライバシーポリシー、クッキーポリシーに目を通します。

それから2か所にチェックを入れ、「サインアップ」を選択すると登録したアドレス宛にメールが届きます。

TradingViewの登録確認メール

メールを開いて「ACTIVATE(認証する)」をクリックしてください。

すると「TRADINGVIEW登録」という画面になるので、アカウント画像と名前と姓を登録します。

これでアカウント作成が完了します。

【さいごに】TradingViewの使い方まとめ

まとめ
  • TradingViiewはシンプルなチャートや豊富なインジケーターを使ってチャートを分析するツールである。
  • 無料でも使えるが有料プランに切り替えることでインジケーターの表示数増加などのメリットがある。
  • Coinigyとは特化した分野が異なるため、環境に合わせて使い分ける必要がある。

TradingViewでは数々のインジケーターや描画ツールで非常に視覚的にチャートを分析できます。

BitMEXはTradingViewと連動でき、分析を役立てて取引ができます。

ビットコインFXの初心者を脱するにはTradingViewから分析を勉強するといいでしょう。

最大級の海外取引所!
BitMEX
公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です